So-net無料ブログ作成

システムエンジニア、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)システムエンジニア~

システムエンジニアとは情報技術の技術者という認識です。

カタカナなので英語なのかと思いきや、実は和製英語のようです。

そもそもシステムという言葉はITだけの話ではないですからね。

とはいえ日常的に用いられる言葉だけに、今さら使わないというわけにもいかないようです。





(2)弁理士とビッグデータ~~

技術や契約に詳しく、厳しい守秘義務のある弁理士が、ビッグデータの活用で重要な位置づけのようです。

ビッグデータには企業の秘密データも関係しています。

不正競争防止法の改正で、企業のビッグデータが保護対象とされることへの対応のようです。

弁理士は特許だけではないんですね。






(3)和裁技能士~~~

日本の伝統文化のひとつである和服を作るための技能である、和裁についての技能検定です。

時代が流れても、やはり和服は残していきたいものだと思うので、大事な資格だと思います。

和服制作作業ということで、3級から1級までの等級があります。

経験や技能に応じて選んでチャレンジします。




続きを読む


タグ:情報
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

システムアドミニストレータ、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)システムアドミニストレータ~~

システム管理者とも呼ばれ、利用者側に位置するコンピュータシステムの管理者です。

過去に情報処理技術者試験の中で行われていた初級シスアドや上級シスアドはユーザー側の試験で、システム管理者向けの試験にはなっていませんでした。

役割的には情報システムやコンピュータシステム全般の知識が必要です。





(2)ワークライフバランス~~

仕事とプライベートをバランスさせるという発想が力を持ってきています。

とはいえバリバリ仕事してきた企業戦士には戸惑うことも多いです。

ロールモデルがあればイメージもしやすいのでしょうが、なかなか不安も大きいです。

成功事例が浸透していくことでそういう風土が培われていくのかもしれません。






(3)紳士服製造技能士~~

男性向けの衣料である紳士服の製造に関する技能検定です。

注文服や既製服の区分のほかにも作業に応じた区分があります。

それぞれ等級区分があり、1級あるいは2級に自分のレベルに応じて挑戦します。

既製服が主流になっているこの時代にも注文服の技能検定もあるんですね。




続きを読む


タグ:システム
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

詩人、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)詩人~~

詩を書き、それを発表する人であり、さらにそれを職業とする人です。

とはいえ現実的には詩作のみで生活している人はほとんどいません。

評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など様々な創作活動を行っている場合が一般的です。

なお歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれます。





(2)減反廃止~~~

農家にとっておおきな変化となった減反廃止は、2018年産の米からです。

米の生産の自由度が高まったのでした。

これは企業の新規参入にも影響を与えました。

ちなみに日本酒用の米生産には日本酒ブームとともに追い風になったようです。

減反は、主食用米の生産調整のことです。






(3)婦人子供服製造技能士~~~

衣服・繊維製品のうち、婦人服や子供服に関する資格です。

婦人服と子供服をそれぞれではないんですね。

婦人子供注文服製作、婦人子供既製服製造、婦人子供既製服パターンメーキング、婦人子供既製服縫製があり、どれかを選んで試験を受けます。

1級と2級があり、経験や実力に応じて挑戦するのでした。



続きを読む


タグ:職業
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

指揮者、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)指揮者~~

合奏や合唱を指揮する人です。

オーケストラや吹奏楽・合唱・ビッグバンドなどがあります。

正装で指揮棒をもった姿をイメージされます。

楽器奏者から指揮者に転身した人も多いです。

有名な指揮者といえば、カラヤンやポール・モーリアなどがよく知られていると思います。






(2)公認会計士の活躍~~

監査法人に所属して働くだけが、公認会計士の働き方ではないみたいです。

いわゆる企業内会計士といわれる、企業に属する公認会計士もいます。

上場企業のほか、非上場、ベンチャー企業などでも多くの公認会計士が働きます。

IPOなど活躍の場はいろいろあるようです。






(3)ニット製品製造技能士~~~

ストッキングやブラウス、ポロシャツ等々、様々なニット製造にかかわる技能検定です。

ニットがカバーする製品は、普通の人の想像するものより広いみたいです。

衣類などの製造には欠かせない技能だけに、働き手としては資格を取得しておくことがキャリアアップに大事だと思います。


続きを読む


タグ:指揮者
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

士官、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)士官~~~

軍人で、階級が少尉以上の武官のことを指す言葉です。

とくに士官学校などにおいて、用兵などの初級士官教育を受けた軍人です。

自衛隊では、3尉以上が相当します。

軍隊だけではなく、船舶用語として使われることもあります。

その場合の士官は船長、機関長、航海士などの高級船員を指します。





(2)ネット障害の報告~

ネット障害は重大なものは国にも報告することが、もともと電気通信事業法で定められていました。

IoTの広がりで、より小さな障害も大きな被害につながる可能性が高くなり、軽度の障害の報告も必要です。

障害の全体像を把握するには大事なことです。

報告も大事だけど、報告を受ける側の準備も大事なのでした。






(3)染色技能士~~~

染色って使う側からすると当たり前のことかもしれませんが、技術や経験、知識を要するものです。

そのため染色についても技能検定があります。

染色にも様々な対象がありますので、作業に応じた区分があります。

糸浸染作業、型紙なせん作業、スクリーンなせん作業、染色補正作業、織物・ニット浸染作業などです。


続きを読む


タグ:士官
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

歯科助手、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)歯科助手~

歯科医院などで一般的な雑務を行う人です。

ただし、歯科診療補助は有資格者にしかできないので、資格のない人は器具の清掃・準備、患者の介添、石膏などの練和、受付などになります。

ちなみに有資格者とは、歯科衛生士や看護師です。

日本歯科医師会による認定制度もあります。





(2)仮想通貨の採掘~~~

仮想通貨の取引記録に協力する採掘(マイニング)。

報酬が受けられるため、個人や法人が相次ぎ参入しました。

2017年はマイニングの影響でビデオカードが品切れしたほどなんだとか。

ところが参加者が増えるとマイニングは難易度が上がるようで、個人規模での採算が難しくなっていったのでした。





(3)酒造技能士~~~

酒造りは日本に昔から伝わる伝統技術でもあります。

その酒造についての技能検定もあります。

酒は大人だけに許された嗜好品ではありますが、知らない人がいないほどよく知られています。

技能検定には1級と2級の等級区分があるので、実力に応じて選んで受験することになります。



続きを読む


タグ:歯科助手
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。