So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

教員免許の更新制、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)教員免許の更新制。教員免許で更新が必要になります。教員免許の更新については、長く議論されてきたようです。ところで教員免許をもってはいるものの、学校の先生にならずにいる人たちが持つ教員免許はどうなるんでしょうね。軒並み失効していく可能性がありますね。折角取った教員免許でも更新せずに失効するものも多いんでしょうね。
(2)経営コンサルタントに関する資格。経営コンサルタントに関する資格を挙げてみると、国家資格の中小企業診断士が最も有名ですが、その他、経営コンサルタント、ICG経営コンサルタント、業務管理士、経営管理士、シニアリスクコンサルタント、経営士、経営総合診断士、経営アカデミーマスターなどなど。結構な数の資格があるようです。
(3)年金制度のアドバイザーの資格いろいろ。年金の話題がホットですが、この年金に関係する資格も幾つかあります。年金関係の資格には、DCアドバイザー(、確定年金型年金教育・普及会(DC協会))、DCプランナー(日本商工会議所)、確定拠出年金アドバイザー(銀行業務検定協会)などです。年金は皆に関係ある大切なものだけに、この資格への関心も高そうですね。

気になるお祭りとかイベントとかをまとめて調べるなら、そういう情報を見るのが早いと思う。調べたいお祭りイベント、お祭りイベントの比べる情報。比べてみることで、意外な共通点とかが見つかったりすることもあり、おもしろいかも。切り口を変えると違う姿も見えてきます。
(4)独立できる資格の一例。資格にもいろいろありますが、独立が可能だといわれる資格が結構あります。医師免許や司法試験はあまりにも有名ですが、その他にも、公認会計士、弁理士、建築士、不動産鑑定士、司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者、土地家屋調査士、美容師、理容師、などなど。外にもいっぱいあります。どうせ目指すなら、独立できる資格がいいですね。
健康でないと資格への挑戦は万全では臨めないです。だからこそ、勉強も大事だけどコンディション作りも大事。健康と資格について考えてみる。試験前になると寝不足になるかもですが、それをカバーする健康管理で乗り越えたいですね。
(5)建築士の処分。国土交通省が、一級建築士の免許取消しなどの処分を行ったと新聞に載っていました。一級建築士による構造計算の計算ミスや改ざんなどの問題が騒がれるようになり、一級建築士の信用に関わる問題が起こっています。一級建築士は誰もが知る建築分野を代表する資格ですが、構造計算問題以降、矢面に立つことが多いですね。

資格情報:地山の掘削及び土止め支保工作業主任者(じやまのくっさくおよびじどめしほこうさぎょうしゅにんしゃ)「地山の掘削及び土止め支保工作業主任者」は、「労働安全衛生法.....、臭気測定業務従事者(臭気判定士)(しゅうきそくていぎょうむじゅうじしゃ(しゅうきはんていし))「臭気測定業務従事者(臭気判定士)」は環境省関係の国家資格で.....、システムアナリスト(しすてむあなりすと)「システムアナリスト」は、「情報処理技術者(国家資格)」の試.....。
トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

トラックバック 1