So-net無料ブログ作成
資格と資格取得のおしゃべり ブログトップ
前の10件 | -

衆議院議員、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)衆議院議員~~

国会議員のひとつで、任期は4年だが解散することもあります。

被選挙権は25歳以上ですので、挑戦するのも25歳になってからです。

定員がかわったり、中選挙区制から小選挙区制にかわったり、時代に応じて変わってきています。

比例代表制という選挙も使われています。






(2)大学認証評価~~~

全ての大学、短期大学、高等専門学校が受けることが法律で定められた評価です。

「機関別評価」では教育課程や管理運営など全体の評価で、大学・短期大学が対象です。

「専門分野別評価」は、法科大学院などの専門職大学院が対象で、5年以内毎の評価となります。






(3)プラスチック成形技能士~~

製品素材の一つとして、急速に普及したプラスチック。

今では当たり前の存在です。

そんなプラスチックの形成に関する技能検定もあります。

圧縮成形作業、射出成形作業、インフレーション成形作業、ブロー成形作業があり、自分の関係するところを選んで受験します。

等級もあります。




続きを読む


タグ:選挙
nice!(1) 
共通テーマ:資格・学び

写譜屋、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)写譜屋~~~

楽譜を書くのが仕事です。

コンピューターを使った仕事になることも多いです。

作曲家が書き下ろした楽譜を丁寧に浄書するとともに、パート毎にパート譜を書き起こすことも大事な仕事です。

手書きの楽譜をコンピュータできれいに打ち直すこともします。

会社形態もあれば個人経営もあるそうです。





(2)世代間のギャップ~~~

新社会人との意識のずれは、毎年話題になりますね。

社会の変化で、育つ環境が違いますから当たり前のことなんですけど。

それでも目の当たりにするとビックリすることも。

新人にとっても驚くことが多いです。

両者のギャップを埋めるまでには、まだまだ驚くことがいっぱいあるのかも。





(3)表装技能士~~~

あまり聞きなれないかもしれませんが、表具を仕立てる表装の技能検定です。

表具とは巻物、掛軸、屏風、襖、衝立、額、画帖などのことをいいます。

表装の仕事をする人は表具師とか経師とかいわれます。

古くは表補絵師とも呼ばれたそうで、実は歴史の古い職業です。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

ジャーナリスト、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)ジャーナリスト~~

メディアに報道用の記事や素材を提供するのが仕事の人たちのことを言います。

新聞や雑誌などあらゆるメディアがあります。

近ごろはネットのニュースなどメディアが多様化しています。

新聞社やテレビ局など報道機関に所属する人もいれば、フリーランスと呼ばれる独自活動の人もいます。





(2)共通テストと民間試験~~

英語について民間試験を活用する大学入学共通テストでは、たとえば英検などが認定されています。

TOEICやGTECもです。

でもこれらの民間試験は全ての都道府県で行われているわけではないので、地域によって受験のしやすさが違うということですね。

都会のほうが有利になるのでしょうか。






(3)畳製作技能士~~

技能検定の一つで、対象は畳製作です。

畳といえば日本の家屋では基本となるものです。

部屋の広さは畳の枚数で表現するほどですから。

でも近頃は、フローリングの部屋が増えて、畳の存在感は昔ほどではなくなってきています。

資格としては畳製作作業に1級と2級があります。



続きを読む


タグ:仕事
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

写真ディレクター、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)写真ディレクター~~

写真展開催、写真集出版、写真賞選考などが活躍の場となるようです。

写真の専門家として業務に携わります。

写真家の選定や展示作品を選定したり幅広く対応していく仕事です。

単独で働くというよりは、いろんな専門家とともに働くことが多いようです。

コミュニケーション能力も大事ですね。





(2)大学の再編~~~

ひとつの大学が、ひとつの法人というのは従来の常識でした。

ところが少子化時代の大学は、国立大学でも再編が必要になるのかも。

アンブレラ方式などという仕組みがあります。

大学・学部・学科の名前はそのままで、管理部門を統合するという方式です。

運営コストの削減で研究費を減らさない工夫ですね。





(3)紙器・段ボール箱製造技能士~~~

段ボールを知らない人はいないと思うけど、段ボール製造の技能士についてはあまり知られていなそうです。

でもこれだけ世の中にあふれているものの製造だけに、重要な資格なのではなのかな。

印刷箱打抜き作業、印刷箱製箱作業、貼箱製造作業、段ボール箱製造作業、簡易箱製造作業などの区分があります。




続きを読む


タグ:写真
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

写真家、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)写真家~~

主に写真を撮影もしくは製作を仕事にしている人です。

カメラマンと区別して写真家と呼ぶときは、あくまでも静止画です。

特に芸術的な写真を撮影し発表する人のことを指していることも多いです。

請け負う写真の分野に応じて、たとえば報道写真家とか、広告写真家、ファッション写真家などといわれることもあります。






(2)受験勉強とスマホ~~

教育分野でもスマホが活躍しだしています。

家庭教師型とか授業配信、SNSなど多様なサポートがあるみたいです。

受験に役立つコンテンツやサービスによって、スマホが従来の受験勉強の常識をさらに覆しそうですね。

学生だけではなく、社会人にもその利用は広がっているみたい。





(3)建具製作技能士~~~

建物のに欠かせない建具の製作に関する技能検定です。

建具は戸や窓など開閉機能をもつ仕切りです。

使い勝手や機能性、防犯など、様々な視点で考えることが重要なものです。

試験は、木製建具手加工作業、木製建具機械加工作業、アルミ製室内建具製作作業の区分があります。

それぞれ1・2級の等級があります。




続きを読む


タグ:仕事
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

車掌、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)車掌~~~

鉄道・バスなどの交通機関における乗務員の一種です。

機関士・運転士などの運転に直接関わるわけではないですが、円滑に運行するために仕事をします。

自動化・合理化の流れで、ワンマン化も進み車掌を廃止するところもあります。

切符の確認などのイメージが強いですね。





(2)技能実習制度と労働力~~

途上国への技術移転が目的の技能実習制度。

ところが国内ではちょっと違った意味がいがあります。

現場で深刻化する人手不足を解消する手段として期待されています。

介護をはじめ、自動車整備、小売りなどでも活用の動きが広がるのでした。

2017年施行の法整備により実習期間が延長されてます。





(3)家具製作技能士~~

普段の生活に欠かすことができない家具。

近頃は格安家具もよく目にするところです。

そんな家具の製作に関する技能検定がこの資格です。

家具手加工作業、家具機械加工作業、いす張り作業に分かれており、選んで挑戦します。

それぞれ1級と2級がの等級があるので、自分の実力に応じて選ぶのでした。




続きを読む


タグ:交通機関
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

事務、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)事務~

肉体労働者との対義語的に使われることもあります。

主に室内で机についてする仕事や、その仕事についている人を指していいます。

デスクワークともいいますが、パソコンの普及でパソコンを使って仕事する人のイメージも高いです。

営業事務や医療保険事務、介護事務など特定の分野を指す言葉もあります。





(2)ドローンの商用利用~

2015年に首相官邸に不振なドローンが発見されたことで規制が厳しくなったドローン。

法整備が整えば、商業利用の可能性がたかまります。

たとえば、空撮はもちろんですが、測量、災害対応、インフラの点検、報道取材、農薬散布などいろんな分野にわたります。

期待されているのでした。






(3)機械木工技能士~~~

数値制御のルータマシンを使って製品をつくる、数値制御ルータ作業などが試験となります。

試験では製品製作のためのプログラムシートやNCデータを作成したりします。

1級と2級の等級があり、それぞれ実力に応じて挑戦するかたちです。

機械木工に関する技能検定です。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

児童文学作家、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)児童文学作家~

0歳から12歳くらいまでを対象とした文学作品をつくる作家さんです。

児童文学は子供のための本で、絵本や、イラストの多い作品が多いです。

まだ字を読めない子どもの場合、読み聞かせのための本となります。

そのため大人相手の文学とはまた違った視点が必要なのでした。






(2)大学入学共通テスト~~~

大学入試センター試験のかわって2020年度から試験です。

試験時期と教科・科目数は変わらずですが、内容がかなり違います。

たとえばセンター試験がマークシート一本だったのに対して、共通テストは記述式もあります。

それと英語では民間試験の活用もあります。





(3)木型製作技能士~

モックアップなどとも呼ばれる、実物を木などで形作ったものです。

詳しい検討や、トライアルのために重要です。

現物より安価な木などで作ってみることで、より細部にわたって検討することができ、さらに修正や補足もしやすいです。

木型製作のための技能についての検定を合格するともらえる資格です。





続きを読む


タグ:児童
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

市町村長、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)市町村長~~

市町村の長で、選挙でえらばれます。

地位的には地方公務員法の規制を受けない特別職地方公務員とされます。

任期は4年で、選挙で勝ては再選もあります。

任期満了や辞職のほか、住民投票による解職(リコール)制度もあります。

選挙に挑戦できる被選挙権は満25歳からです。





(2)弁護士4万人~~~

2002年の司法制度改革推進計画により、国内の弁護士数が増えました。

そして2018年1月1日に弁護士登録者数が4万人をこえました。

全体ではふえていても偏りも多いみたい。

地方では若手不足が指摘されているようです。

また企業法務部門でも人材不足が解消されていないみたい。






(3)布はく縫製技能士~~

アパレル関係の技能士の一つです。

綿・麻や絹、またはそれを組み合わせた布による縫製の技能についての検定です。

いくつか作業区分があり、ワイシャツ製造作業、ワーキングウェア製造作業、衛生白衣製造作業などです。

等級区分もあるので実力に応じて選んで挑戦します。





続きを読む


タグ:公務員
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

質屋、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)質屋~~

質店(しちてん)、質舗(しちほ)とも呼ばれます。

何かの物品を質草として預かり、お金を貸すお店です。

流質期限までに弁済されないと、預かった物品で返済にあてます。

これを質流れといい、これらの物品を質流れ品といいます。

質流れ品が返済元利より高く処分できると質屋の利益になるようです。






(2)模倣防止技術~

製品の技術を簡単に模倣されないようにする技術があります。

製品を分解して行われるリバースエンジニアリング対策です。

たとえば無理に解析すると妨害電波を出す装置を組み込んだリ。

あるいは分解すると製品が破損するような特殊なねじやワイヤを組み込んだリもあるそうです。





(3)帆布製品製造技能士~~~

もともとは帆船の帆に使ったのが始まりとされる厚手の丈夫な布である帆布。

この帆布製品の製造にかかわる技能検定です。

その丈夫さを生かした製品がつくられます。

たとえばテントの天幕とか、カバンとか靴とか。

ちなみに帆布は、綿や麻や亜麻などで作られるようです。




続きを読む


タグ:返済
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - 資格と資格取得のおしゃべり ブログトップ
メッセージを送る