So-net無料ブログ作成

ビジネスの訓練、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)ビジネスの訓練~~~

ビジネスのトレーニングには、反復トレーニングとシュミレーション・トレーニングがあります。

反復トレーニングは基礎的なスキルアップに適していて、分かりやすいですね。

シュミレーション・トレーニングは応用スキルを鍛えるためのもので、シチュエーションに限定されない応用力を身に付けるためのものです。





(2)指揮者~~

指揮者といえば多くの人にとって、正装で指揮棒を持っているイメージです。

オーケストラなどで指揮している姿を思い浮かべる人が多いでしょう。

オーケストラ以外にも、合唱やビッグバンド、吹奏楽、マーチングバンドなどにも指揮者がいます。

音楽大学の指揮科で養成される場合も多いですが、楽器奏者から転身する人もいます。





(3)鉄筋施工技能士~~~

コンクリートは圧縮強度は強いけど、引っ張りやせん断には弱いという特徴があります。

その弱点を補強するために鉄筋が使われて、鉄筋コンクリートとして構造物を可能にしています。

つまり鉄筋施工は構造物の非常に重要な部分を担っています。

検定には1級と2級があり、それぞれ技能の程度を示します。




続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

努力の繰り返し、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)努力の繰り返し~

ビジネスに限らずですが、努力の繰り返しがスキルアップにつながります。

順調な時は油断して努力を怠りたくなるものです。

逆に失敗した時は、がっかりしてやる気を下げることもあります。

その時の状況に限らず、努力を続けられることはある意味才能なのかもしれないですね。





(2)士官~~

位の高い軍人というイメージがあると思いますが、少尉以上の武官のことをいいます。

士官学校などを卒業している軍人です。

自衛隊においてはたとえば防衛大学を出て三尉以上になった人が相当します。

軍人の他にも船舶でも使われる言葉で、船長、機関長、航海士などが士官と呼ばれます。






(3)型枠施工技能士~~~

型枠工はコンクリートを使う建設現場に欠かせない工程です。

その型枠施工に関する技能検定です。

建設現場で見かける型枠といえば合板のものが多いですが、鋼製のものやアルミニウム、合成樹脂のものもあるようです。

型枠も調べてみるとけっこう奥が深いみたいです。




続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

根本的な帰属の誤り、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)根本的な帰属の誤り~~~

他人の行動について、気質的または個性的な面を重視する傾向のことです。

たとえば、部下や同僚の失敗を、能力がないからと結論付ける傾向のことです。

本当は、状況によって、あるいは何らかの対策で改善できることまで、その人の本質的なものと結びつけるのは改善につながらないです。

ちなみに自分のミスに対しては社会的かつ状況的な影響を軽視しやすいんだとか。

自分には甘いんですね。






(2)歯科助手~

日本歯科医師会による認定制度があり、乙種第一、乙種第二、甲種などの分類になっています。

歯科衛生士や看護師などのように歯科診療補助は法律によってできません。

器具の清掃・準備、患者の介添、石膏などの練和、受付などが仕事となります。

でも現場にいれば治療に関しても詳しくなっていくみたい。






(3)厨房設備施工技能士~~~

厨房はホテルやレストラン、喫茶店などの飲食店、スーパーマーケット・持ち帰り弁当店など業務用の調理施設です。

ガステーブルやシンク、作業台などの調理に直接かかわる設備や、ダクトなどの設備もあります。

そんな調理設備施工の専門であることを示す資格です。

資格には1級と2級の区分があります。




続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

責任の範囲、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)責任の範囲~~~

ビジネスにおいて責任の範囲を考えることが必要です。

とくにミスが発生した時にはしっかり把握しておかないと、必要以上に痛い目に合うことも。

同僚や部下や上司など連携のもと仕事をするとき、どこまでが誰の責任なのかをしっかり考えておくことは保身上大事なことかもしれないです。






(2)司会者~~

イベントの進行役であり、テレビやラジオでも欠かせない役どころです。

始まりから終りまでを、時間と意図・内容を考えて進行します。

MCなどとも呼ばれます。

情報・報道番組ではキャスター、教育番組では先生など、ラジオ番組ではパーソナリティーなどと、内容に応じて呼び名が変わることもあります。






(3)配管技能士~~

水道管、排水管、消化管、ガス管、空調や冷暖房のための配管などなど様々ある配管工事の技能検定です。

気体や液体、粉体などの流体を輸送したりする役割であり、そのための技術や知識が問われます。

資格は習熟度的に3段階に分かれ1級から3級まであります。

また「建築配管作業」と「プラント配管作業」に分かれます。



続きを読む


タグ:責任
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

謝罪と心理、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)謝罪と心理~~

ビジネスの中で謝罪が必要になるときがあります。

こちらに非がある場合もありますが、そうでない場合もあります。

まずは状況を理解することが大事です。

そしてタイミングを失することなく行動することです。

電話で連絡を取り、謝罪に行くというのが基本的な流れでしょう。

謝罪は本人も同行することもあれば、上司のみで行くほうがいい場合もあるようです。





(2)シェフ~~~

西洋料理における料理人はコックといいますが、シェフは料理人を統括する立場です。

フランス語からきた言葉で、フランス料理のイメージが強いかも。

日本料理の料理人は板前といい、最上級は花板と呼ばれます。

シェフの他、シェフを補助するスー・シェフという役職もあります。






(3)タイル張り技能士~~~

建築の仕事のひとつで、床や壁を保護する建設資材であるタイルを施工する技能です。

タイルは装飾的な意味合いも持ち、人目に触れやすい部分です。

建物の印象を左右するという意味では重要な仕事です。

技能検定には1級と2級があり、それぞれ学科や技能試験に合格することで取得できます。




続きを読む


タグ:心理 謝罪
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る