So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事とオープナー、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)仕事とオープナー~

心理学でいうところのオープナーとは、相手の自己開示を引き出すのが上手な人です。

基本的に聞き上手な人です。

オープナーはどんなタイプの人からも好かれやすいです。

自分を強く主張しないで、周りの人の話にじっくり耳を傾け、短くとも的を射たコメントをする。

自己主張しなくても存在感は高いのでした。





(2)会計士~~

会社には会計が欠かせません。

そんな会計に関わる仕事を行います。

会計は投資・経営・税務などの側面からなくてはならない重要な情報です。

その会計に携わる人の資格として、公認会計士というのがあります。

有数の難関資格であり、社会的にも地位の高い資格なのでした。





(3)かわらぶき技能士~~

屋根工事の一種であるかわらぶきは、瓦屋根には欠かせない工程です。

かわらぶきの技能を認定する資格がこの技能士です。

名称独占資格の国家資格で、有資格者以外がこの名称を名乗ることはできないです。

学科と実技試験に合格することで取得できますが、等級が2つあり、1級と2級があります。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

自己スキーマとビジネス、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)自己スキーマビジネス~~~

自分自身をどうとらえているか、というのは言動に表れていきます。

ぎゃくにいうと自分自身のとらえ方が分かると、言動にも変化が現れます。

また相手の話す内容から、その人が自身のことをどうとらえているかをうかがい知ることもできます。

たとえば自信家なのか、あるいは自信がない人なのか、などを知ることで対応も変えられますね。





(2)海技従事者~~

海技士と小型船舶操縦士とを合わせた総称です。

海技士には航海、機関、通信、電子通信などの区分があり、仕事に応じて必要な資格を取得する必要があります。

等級も分かれており、経験や実力に応じた資格に挑戦していきます。

小型船舶操縦士も船の大きさや操縦できるエリアなどに応じて等級が分かれています。






(3)枠組壁建築技能士~~~

合格者だけが名乗ることができる名称独占資格です。

建築に関連した技能検定の一種なので、もちろん国家資格です。

試験は学科と実技試験があり、当たり前ですが枠組壁建築に関するものとなります。

等級の区分がなく、単一等級の技能士です。

建築分野には様々な工法や分野によって資格があるのでした。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

ライバルと心理学、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)ライバルと心理学~~~

心理学の力を借りるまでもなく、ライバルの存在が成長に大きな影響があることは経験的に知っている人も多いでしょう。

意識できるライバルの存在は人の成長にすごく重要です。

ライバルがいない状況で、自分を鼓舞しつづけるのはなかなか難しいものです。

身近に貼り合える丁度いいライバルの存在は宝です。





(2)音響技術者~~~

音響についての技術者ですが、建築物の音響機構とか、音響機器を使いこなして仕事します。

たとえば音楽録音のレコーディングエンジニアなどもその一つです。

ほかには、舞台音響、映画、放送などにも音響技術者が必要とされています。

いろんなところで活躍する音の専門家ですね。






(3)建築大工技能士~~~

家等の木造建築に欠かせない職人である大工のための資格です。

建築大工に関する学科及び実技試験に合格することで取得できます。

等級があり、それぞれ要求される技能のレベルや実務経験などが異なります。

1級から3級の3つの等級で、資格表示するときは等級も示す必要があります。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

心理学的感性、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)心理学的感性~~

感性の違いは一緒に働くうえでかせになるときもあります。

一方で違う発想がぶつかることで、新しいものが生れることもあります。

感性の異なるメンバーが協同で仕事にあたるには注意すべきことも多く、楽ではないです。

でもその一方で、うまく回ればいいものができる可能性も高いのでした。






(2)音響監督~

「録音監督」「音響演出」とも呼ばれるそうです。

ゲームアニメなどで主に活躍しています。

作品の印象を決める重要な要素の一つであり、腕が試される仕事です。

仕事の関わりや経験上、声優出身の人も多いんだとか。

アニメやゲームの発達した日本独自の仕事でもあるようです。






(3)石材施工技能士~~~

技能検定の一つで、石材施工に関する学科と実技試験が行われます。

石材は建築資材としても多く使われており、その技能者は必要とされています。

作業内容によって、石材加工作業、石張り作業、石積み作業の3つに区分されています。

それぞれ2級と1級があります。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

挨拶と心理学、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)挨拶と心理学~~

人間関係において、第一印象はかなり重要です。

挨拶はその第一印象を決めるうえで影響が大きいものです。

挨拶ってどの範囲までするのかを、迷う時があります。

直接関係しない相手だと、相手が面倒くさいと感じるかもしれないですからね。

でも関係するかどうかは挨拶してから考えてもいいのかも。





(2)音楽療法士~~~

音楽療法士の普及がすすんでいないことで、兼業や、看護師介護士などがその職域の中で利用しているようです。

音楽の健康回復への期待はありそうですが、それだけだと不安になるかもしれないですね。

養成するための大学や専門学校もあります。

音楽って楽しむだけではなないんですね。





(3)冷凍空気調和機器施工技能士~~

上級技能者、中級技能者、初級技能者を1~3級の区分で分けられています。

冷凍空気調和機器の施工に必要な技能についての資格です。

業務独占ではないですが、名称独占によって仕事をするうえで、信用面で響いてくる資格です。

技能検定制度の一つとして位置づけされています。




続きを読む


タグ:挨拶 心理学
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る