So-net無料ブログ作成
検索選択

アートディレクター、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)アートディレクター~~

視覚的な表現を総合的な演出を総括・監督する人です。

広告や宣伝、グラフィックデザインなど様々なシーンで活躍します。

各種美術展・作品展の企画・立案・運営を行う人もこのように言われたりします。

ちなみに実際に手を動かして作業の当たる人はデザイナーといわれ、区別されます。





(2)ジュエリーデザイナー~~~

宝石のほか貴金属などを用いて、装身具(アクセサリー)やインテリア小物・工芸品等をデザインします。

デザインのセンスと共に、宝石や貴金属についての知識、また技術の習得も欠かせません。

ジュエリーデザイナーになるための学校もあります。

現在では企業内デザイナーが多数派のようです。






(3)金属溶解技能士~~~

工業的には重要な技能の一つである金属溶解についての資格です。

金属溶解にはいろいろあるため、いくつかの区分に分かれます。

それは鋳鉄キュポラ溶解作業、鋳鋼誘導炉溶解作業、鋳鉄誘導炉溶解作業、鋳鋼アーク炉溶解作業、軽合金反射炉溶解作業です。

それぞれに固有の知識や技能を要するのでした。







(4)空気圧装置組立て技能士~~~

技能検定の一つで、1級と2級の等級区分があります。

2級の試験では検出器の判定、減圧弁の分解と故障箇所の判定等が試されるそうです。

1級の試験では、空気圧シリンダの判定なども対象になります。

実力や経験に応じて選ぶことになります。

名称の表記には等級も示す必要があります。





(5)木型製作技能士~~

木型(きがた)とは製品の外観を形作ることで、より詳細な検討を可能にするものです。

実物より早く安く形がつくれて、修正も楽なので、木でつくられることが多いそうです。

木型はモックアップともいわれるそうです。

この木型製作についての技能を検定する資格です。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

メッセージを送る