So-net無料ブログ作成

教員免許の取得、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)教員免許の取得。大学に入ると教員免許の資格が取れます。教員免許に必要な授業を受けて、単位を揃えれば、教員免許がもらえます。教育実習も必要な単位の一つです。教員免許ですぐ学校の先生になれるわけではありませんが、一応教員免許を取っておく大学生は少なくないようです。
(2)子育てパパ検定。「子育てパパ力検定」という、子育てパパに関する検定が登場するようです。検定や資格にもいろいろありますが、こういう検定も登場するようになりました。ご当地検定など趣味に関係した検定も多い最近ですが、子育てまで検定にするとはすごいですね。この検定では、成績に応じてパパを4段階に格付けするようです。面白そうな気もしますね。
(3)なかなか受からない資格。資格試験にはなかなか合格できないものも少なくないです。資格試験に何度も挑戦して、何度も失敗しているうちに、自然に試験に落ちることに慣れてしまうこともあります。それでは、資格試験の勉強でモチベーションが維持できませんので、何度も失敗している資格試験については特に、気持ちの持ち方について、十分注意が必要ですね。

(4)資格と独立。独立できる資格といっても、必ずしもその資格だけでやっていけるというわけではありません。資格に業務独占があっても、資格者同士での競争が激しい場合もありますので、資格取得と同時に、いろいろなスキルも必要になる場合が多いです。営業力もその一つですね。
(5)人事と労務の資格。資格にはいろいろな資格があります。人事や労務に関係した資格を見つけました。日本人材育成協会の資格で、人事法務士という資格です。職場の法律知識、労働時間・休暇の法律と実務、賃金に関する法律、求人と採用の法律などなど、人事と労務に関するたくさんのいろんな知識を身につけないと、資格取得には至らないようです。健康管理と資格勉強のこと。
気になる検索窓広告、面白い検索窓広告、検索窓広告とキーワードについていろいろ。いろんなキーワードが広告に使われています。おもしろいですね。
資格情報:システム監査技術者(しすてむかんさぎじゅつしゃ)「システム監査技術者」は、「情報処理技術者(国家資格)」の試.....、砂利採取業務主任者(じゃりさいしゅぎょうむしゅにんしゃ)「砂利採取業務主任者」は、「砂利採取法」に基づくこっかしかく.....、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者(さんそけつぼう・硫化すいそきけんさぎょうしゅにんしゃ)「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」は厚生労働省関係の国家資.....。
トラックバック(5) 

トラックバック 5

メッセージを送る