So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

演奏者、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)演奏者~~

音楽表現のために楽器などの演奏を行い、奏者とも呼ばれます。

作曲者が演奏を兼ねるのが普通だった時代もありました。

時を経て作曲は行わずに演奏を専門とする演奏者もいます。

演奏者と作曲者がそれぞれ分化していくのは時代の流れなのかな。

もちろん両方を兼ねる人もいますが。






(2)センター試験~~

大学入試を控えた受験生ならだれもが知る試験です。

特に、国公立を志す人には避けて通れない試験です。

マークシート式で、教科は選択して選びます。

正式名称は大学入学者選抜大学入試センター試験です。

1989年まで行われていた共通一次試験に変わる形で1990年からスタートしました。






(3)建設機械整備技能士~~~

特級・1級・2級の等級区分がある技能検定です。

建設現場では欠かせない建設機械の整備を担う重要な技術者です。

ショベルカーやクレーンなどの不具合は大きな事故を招くこともあり、重要な仕事です。

建設機械には大型のものが多く、それゆえの苦労も結構あるんでしょうね。



続きを読む


タグ:演奏者
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

演出家、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)演出家~~

舞台作品や音声・映像作品の演出をする人です。

劇場用映画の演出は通常、映画監督として分けられます。

舞台作品では演劇・オペラ・舞踊等があり、音声・映像作品ではテレビドラマ・ラジオドラマ・アニメーション等もあり、すごく幅広いです。

ライブイベントの場合には小規模なものもあるので、まさに様々。






(2)救急隊~~~

傷病者など緊急時に現場に駆け付けて、救急車で病院に運びます。

そのときの適切な処置や対応も仕事のひとつです。

救急といえば、消防と兼務するかたちの組織です。

ところで医療行為についても行えるようになったことで、救急の果たす役割はさらに大きくなりそうです。






(3)縫製機械整備技能士~~

ミシンも縫製機械です。

ミシンには家庭用だけじゃなく、工業用もあります。

アパレル産業を支える重要な機械です。

縫い方などさまざまある縫製機械に対応すべく知識や技能を磨く必要があり、その技能を証明する資格です。

1級と2級の等級区分があるので、自分の実力に合ったほうを選びます。




続きを読む


タグ:演出家
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

エンジニア、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)エンジニア~~

技術者と言われますが、その分野は多岐にわたります。

工学的な位置づけであり、理学的な科学者と区別されます。

エンジニアには数々の資格がありますが、分野に応じて難易度も取得条件も、試験機関も様々です。

仕事の重要性を鑑みて、独占業務のある強い資格もあります。





(2)キャリア・コンサルタント~~~

就職希望者の能力開発や職業選択をサポートする仕事を行います。

技能士をはじめ、数々の資格があります。

ハローワーク、ジョブカフェなどの職業を紹介する機関などで働きます。

ほかにも、職業能力開発促進センターや学校、民間職業紹介会社、あるいは独立コンサルタントして活躍しているようです。






(3)油圧装置調整技能士~~

油圧装置は油圧を利用した装置のことで、その調整に関わる技能検定です。

名称独占の国家資格ですので、実力を証明するのに役立つ資格です。

等級が1級と2級がありそれも表示する必要があるため、上級を狙いたいところですが、実力に応じたチャレンジを要します。



続きを読む


タグ:エンジニア
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

園芸家、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)園芸家~~

農業の一分野である園芸についての専門家です。

一方で、植物を素材としての芸術を業とする場合もあります。

その場合は造園家に近いのかな。

園芸には生産園芸と観賞園芸にわけて考えることができそうです。

生産園芸の場合は、食材あるいは産業素材となる植物に関わります。





(2)キャリア~~

国家公務員の中でも、幹部又は幹部候補となる人たちのことを指していいます。

総合職又は上級甲種又はI種などに合格し、成績もとても優秀な人たちです。

最初の試験の点数で将来の道が決まっていくようです。

ちなみにキャリア以外の人たちのことを、ノンキャリアと言います。






(3)空気圧装置組立て技能士~~

様々な場所やシーンで使われる空気圧装置ですが、その組み立てに関する技能検定です。

上級技能者、中級技能者を認定するために1級と2級の等級区分があります。

ちなみにこの等級を表示することが名称表示には欠かせない条件となります。

取得には学科も実技も欠かせません。




続きを読む


タグ:園芸家
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

演歌歌手、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)演歌歌手~~~

日本の演歌を歌う歌手を指していいます。

有名な歌い手になるとタレントとしてテレビでも活躍します。

演歌といえば高齢層に限定されたジャンルという認識が一般的です。

演歌界といえば徒弟制度が残っているイメージもあります。

古き良き時代の日本って感じでしょうか。






(2)キャラクターデザイナー~

魅力的なキャラクターを作ることが、アニメや映画、コンピューターゲームではかなり重要です。

そのため、キャラクターデザインは作品の良しあしに関わる重要な仕事です。

機関が長い作品だと少しづつキャラクターに変化が見られることもあります。

常に推敲されているのでしょうね。





(3)内燃機関組立て技能士~~

「量産形内燃機関組立て作業」は1級から3級まであります。

「非量産形内燃機関組立て作業」と「内燃機関組立て作業」は1級と2級があります。

それぞれ経験や実力に応じて選んで挑戦することになります。

国家資格の技能検定の一つですので、技術的なアピールにはいいですね。




続きを読む


タグ:演歌歌手
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

絵本作家、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)絵本作家~~

絵本をつくる作家です。

絵と文章を制作する場合と、文章を制作する場合があります。

ちなみに絵本の絵だけを担当する人を絵本画家と呼びます。

絵本ブームもあったりで、絵本作家が注目される機会が増えています。

絵本といえば子供向けといううのが常識でしたが、大人向けの絵本も話題です。






(2)脚本家~~

映画などの作品作りで、脚本は成否を分けるような主要な役割を担う仕事です。

映画だけにとどまらず、ドラマやアニメ、ゲーム、舞台などにも脚本は必要です。

原作がある脚本もあれば、オリジナルストーリーの脚本もあります。

シナリオライターなどとも呼ばれるのでした。






(3)鉄道車両製造・整備技能士~~

鉄道交通を支える鉄道車両の製造・整備についての技能検定です。

その区分には多く、原動機整備作業、鉄道車両点検・調整、電気ぎ装作業などがあります。

この他、鉄道車両現図作業、走行装置整備作業、機器ぎ装作業、内部ぎ装作業、配管ぎ装作業などです。

1級と2級がそれぞれにあります。



続きを読む


タグ:絵本作家
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

エディトリアルデザイナー、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)エディトリアルデザイナー~~

雑誌、カタログ、各種マニュアル本などのデザインや編集をする人です。

美しく、かつ読みやすいようにすることが仕事です。

エディトリアルとは編集を意味する言葉です。

新聞・雑誌・書籍などの出版物のデザインのことをエディトリアルデザインと呼びます。

読み手に分かりやすいように、図や写真、文章を編集します。






(2)客室乗務員~~

運航中の旅客機の客室で、サービスを行ったり、緊急時の誘導を仕事にします。

女性のイメージが強く、昔はスチュワーデスと呼ばれ、女性のあこがれの職業の一つでした。

近頃はキャビンアテンダント、フライトアテンダントなどと呼ばれています。

性別に関係なく使える言葉になったのでした。





(3)産業車両整備技能士~~

フォークリフトなどの産業車両の整備に関する技能検定です。

荷物の運搬で主流のフォークリフトの整備は様々なところでニーズがあるので、重要な資格です。

等級は1級と2級があります。

名称独占資格なので誰でも名乗れる名称ではなく、取得することで仕事でのアピールにつながるのでした。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

エステティック、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)エステティック~~~

全身の美容術のことで、たとえば脱毛とか、痩身、ニキビ、美白等々いろいろです。

エステと略されますが、これは日本だけのようです。

高額なことも多く、消費者トラブルもよく聞くので、信頼できるエステを見つけることが利用者にとっては重要です。

施術者をエステティシャンと呼びます。





(2)スタントマン~~

映画などで危険なシーンを代わりに演じる演者です。

山場をつくるような派手なアクションを行うのに、直接顔が出ることはありません。

失敗すれば、ケガしたり、場合によっては命を落とす危険もあったりする仕事です。

高所や階段落ち、火を使ったアクション、カーチェイスなど、様々なスタントがあるのでした。






(3)機械保全技能士~

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が実施する技能検定の一つです。

機械保全に関する学科及び実技試験に合格した者に与えられる名称です。

機械系保全作業・電気系保全作業・設備診断作業の3つがあり、等級区分もあります。

特級、1~3級があり実務経験や実力に応じて選んで受験することになります。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

絵師、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)絵師~~

日本画・浮世絵の描き手のことを絵師と呼びます。

江戸期以前の日本では、絵の描き手に芸術家という観点がなかったので、「画家」ではなく「師」という文字が当てられたようです。

ちなみに江戸期の絵師は「御用絵師」と「町絵師」に分けられるそうです。

絵師も一通りではないようです。






(2)スタント・パーソン~

危険なシーンを代わりに演じる演者です。

高度で技術も必要とされ、日々のトレーニングも重要です。

活躍の場は、映像作品、イベント、舞台などです。

作品の迫力のあるシーンを支える重要な役割を担うのでした。

大まかにボディースタントとカースタントに分かれるそうです。






(3)機械検査技能士~

特級から1級、2級、3級と等級区分があります。

それぞれ経験年数などがあり、特級は管理者や監督者相当となります。

名称独占資格であり、名称を表示するときには等級も一緒に表示することになります。

機械の部品・作動機構の検査に関わる技能で、その内容は結構広いのでした。




続きを読む


タグ:絵師
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

プロデューサーの上、など5しゃべり [資格と資格取得のおしゃべり]

(1)プロデューサーの上~

エグゼクティブ・プロデューサーと呼ばれるのが、プロデューサーの上の管理職となります。

幹部といったほうがいいかもしれませんね。

テレビ放送や映画、音楽、ゲームの世界で使われる役職の名前です。

作品を作るうえでトップとなるだけに作品を左右する重要なポジションです。






(2)スタジオ・ミュージシャン~~

ミュージシャンの中でも、レコード・CDなどの作成のため、音楽スタジオなどで楽器演奏を行います。

バンドのように自分たちの楽曲を演奏するミュージシャンとは異なり、基本的に他人の楽曲を演奏します。

他にはステージサポートの演奏なども行います。

なんだか職人って感じですかね。





(3)金属材料試験技能士~

工業では主要な材料となる金属について試験する技能を検定する試験です。

まず材料のコンディションを知ることは製造の第一歩だけに重要な資格です。

試験は機械試験作業と組織試験作業とに分かれます。

各々に1級と2級があるので、自分の経験や技能に応じて選びます。




続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -
メッセージを送る